TEL:0475-26-2099
診療時間 9:00~12:00 16:00〜20:00
休診日 木曜日、日曜日、祝日
お問い合わせ

ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモットの診察

  • HOME
  • ウサギ・フェレット・ハムスター・モルモットの診察

小動物の診察に関わること

小動物の治療は、犬猫と違い、継続的な血液検査ができなかったり、薬がなかったり、点滴や輸血ができなかったり、かなり制限があります。治療も当然必要ですが、時に、なぜ、体調が悪いのかを飼主が納得することの方が重要なことがあります。そういう意味では、細かい検査体制が必須です。

特殊な検査体制

①少ない血液でも検査可能な(小鳥の検査も可能)、特殊な血液検査機器を保持しています。

②小動物の心臓、腹部の検査のため、最上位機種のエコーを導入し、検査をしています。ハムスターの子宮頚がんの観察も可能です(動画掲載)。

③小動物は、心拍数が300 bpmを超えるため、特殊な心電計がないと手術、検査はできません。当院は、500 bpmまで測定可能な心電計を2台保持し、手術、検査をしています。

血球検査
血球検査(白血球の5分画測定可能な最上位機種)
血液生化学検査
血液生化学検査(人間と同じ内臓の検査が可能)
エコー
最上位機種のエコー
心電計
小動物の心電図も測定可能な心電計

フェレットの疾患

耳ダニ、脾臓の疾患(腫大、血腫、腫瘍)、副腎の疾患、インスリノーマ、心臓病(大動脈狭窄、不整脈)、体表の腫瘍が多い。

① 耳ダニ

耳ダニ

② 脾臓の疾患

脾腫
脾腫(腹部が腫れる)

 

摘出した脾臓
摘出した脾臓
脾臓の血腫(腎臓のう胞併発)
脾臓の血腫
脾臓の血腫

③ 不整脈

Wenckebach 型Ⅱ度ブロック
Wenckebach 型Ⅱ度ブロック

 

心室期外収縮
心室期外収縮

④ 大動脈逆流

大動脈狭窄

⑤ 副腎腫瘍

副腎腫瘍
脱毛と陰部の腫れが特徴。

 

 副腎腫瘍
以前は手術をしたが、今は薬でのコントロールが多い

⑥ インスリノーマ

インスリノーマ
摘出したインスリノーマ

 

インスリノーマ
インスリノーマの病理像

ウサギの疾患

歯科疾患(不正咬合)、生殖器疾患(未避妊雌の子宮蓄膿症・子宮頚がん・乳腺種、精巣腫瘍)、泌尿器疾患、皮膚の腫瘍、皮膚の寄生虫が多い。

① 歯科疾患

不正咬合
不正咬合

② 生殖器疾患

子宮頸部の腫瘍

 

子宮頸部の腫瘍
子宮頸部の腫瘍

 

子宮頸部の腫瘍
子宮の腫瘍(腔内への腫瘍が突出)

膣脱
膣脱

乳腺腫
乳腺腫

精巣腫瘍
精巣腫瘍

③泌尿器疾患

膀胱結石(レントゲン)
膀胱結石(レントゲン)

 

摘出した膀胱結石
摘出した膀胱結石

④ 膿瘍・腫瘍

膿瘍・腫瘍

⑤ 皮膚の寄生虫

皮膚のフケ(つめダニ)
皮膚のフケ(つめダニ)

 

つめダニ
つめダニ

ハムスターの疾患

頬袋脱、体表の腫瘍、生殖器疾患(未避妊雌の子宮頚がん・卵巣腫瘍)、直腸脱、心疾患、骨折(ケージに肢を挟んでの)が多い。

① 頬袋脱

頬袋脱・腫瘤
頬袋脱・腫瘤

頬袋の腫瘤(G+球菌の感染による肉芽腫性炎)
頬袋の腫瘤(G+球菌の感染による肉芽腫性炎)

子宮頸部の腫瘍
頬袋の腫瘤(G+球菌の感染による肉芽腫性炎)

② 体表の腫瘍

② 体表の腫瘍

③ 生殖器疾患

子宮頚部の腫瘍

 

卵巣腫瘍
卵巣腫瘍

 

卵巣腫瘍(悪性顆粒膜細胞腫)
卵巣腫瘍(悪性顆粒膜細胞腫)

④ 直腸脱

直腸脱
直腸脱

⑤ 心疾患

左心房内血栓
左心房内血栓

⑥ 骨折(ケージに挟んでの)

編み式ケージに肢を挟んで骨折
編み式ケージに肢を挟んで骨折
うっ血で腫れ、感覚が無くなり自傷する
うっ血で腫れ、感覚が無くなり自傷する