TEL:0475-26-2099
診療時間 9:00~12:00 16:00〜19:00
休診日 木曜日、日曜日、祝日
お問い合わせ

一般診療

フィラリア予防

室内飼いで予防が行きどき、フィラリア症はかなり減りましたが、それでも1年に1症例は出会います。外飼いで、数年予防をしていないパターンです。感染した場合は、内科的なボルバキア治療をメインに行います。動画は、血液中のフィラリア子虫を顕微鏡で観察したもの。目盛りは0.05 mm 。当地区での予防期間は5月~12月です。

動画は、犬の肺動脈に寄生するフィライア成虫の3D超音波の撮影に成功したもの。約 2mmの幅の虫が映っています。

低侵襲去勢避妊手術

低侵襲去勢避妊手術
低侵襲去勢避妊手術

低侵襲とは、動物の体にできる限り負担をかけないことです。手術においては、できる限り小さい術創(傷)で行うことを、低侵襲手術と言います。当院の猫の避妊手術は、卵巣・子宮摘出術ですが、術創は1cm程度の低侵襲手術を実施しています。いわゆるミニラパロ手術です。一部で流行りの腹腔鏡手術は、ラパロ手術と言って、3~4箇所の穴を開けますが、ミニラパロは1箇所の極小手術です。また糸を使用しない血管縫合システム、レーザーメスを使用することにより、犬・猫・ウサギの去勢避妊手術一般で、短時間で、痛みの少ない低侵襲手術を実施しています。

停留精巣(陰睾)

低侵襲去勢避妊手術
低侵襲去勢避妊手術

停留精巣とは、精巣が陰嚢(たまたま袋)に降りてこず、お腹の中や、皮膚の下に留まる状態です。特にお腹の中に停留状態になった精巣は、ガン化するので、早期の摘出が必須です。写真右は、早期に摘出した停留精巣(小さいほう)と正常。写真左は、ガン化した停留精巣(大きいほう)と正常。

お腹の中(犬)と、皮膚の下(犬、猫)の停留精巣の動画です。

犬のお腹の中の精巣腫瘍。

歯石/根尖部膿瘍

低侵襲去勢避妊手術
低侵襲去勢避妊手術

ワンちゃんは、5~8歳で一度、歯石除去のための超音波スケーリングをうけるとよいです。無麻酔の歯石除去右は議論がありますが、私は賛成。昔、日大歯学部でみた犬の無麻酔歯石除去は、本当に見事でした。

歯石/根尖部膿瘍
歯石/根尖部膿瘍

目の下が急に腫れたら、根尖部膿瘍の可能性が高いです。歯の根元に膿がたまって(場合によっては骨が解けて)、皮膚が腫れた状態。歯肉炎の放置、硬いオヤツ・オモチャを与えている犬に多く、抜歯が必要。

ワクチン

ワクチン

● 当院のワクチン
犬(8種/6種/2種/レプトスピラ/狂犬病)、猫(FeLV 4種/3種/エイズ)、フェレット(犬用2種で代用)

● 当院のワクチンの選択
アレルギーの原因のひとつとして考えられている、ワクチン内異種タンパク質の含有量が少ないワクチンを選択するようにしています。

● ワクチン接種スケジュール
3ヵ月齢、4ヵ月齢で連続接種することが重要。犬の場合、レプトスピラへの感染リスクが少ない場合は、中高齢期以降は、3年に1回の接種でよいと考えています。抗体価を測ることも可能です。ご相談ください。

骨折

骨折

当院では、小型犬、超小型犬に多い前肢の単純骨折を、手術をせずに治療しています。以前は骨折部位にプレートを入れる手術(プレート法)を行っていましたが、この方法は異物を体内に入れるため、数年後に融合不全や再骨折が起こることがあり、一部で疑問視されています。そのため手術をしない固定法で、単純骨折を完治を目指しています。

詳しくはこちら

腎臓病

腎臓病

腎臓は、成長期を超えたあたりから健康な子でも徐々に壊れていきます。残存する腎臓が30%以下になることを慢性腎臓病と言います。早期の対処で、寿命が2倍近く延びることが知られています。

詳しくはこちら