TEL:0475-26-2099
診療時間 9:00~12:00 16:00〜20:00
休診日 木曜日、日曜日、祝日
お問い合わせ

日本発の最新骨折治療法

  • HOME
  • 日本発の最新骨折治療法

Regenebone®を用いた最新骨折治療法

Reserch and Development
Tomohiro Ikemizu , D.V.M
Hojo Animal Hospital

Regenebone®の特徴

北条動物病院 池水 智博先生が研究・開発なされたRegenebone®。 再骨折の多いプレート法に代わる最新外固定法として、世界標準を目指す。

自然に治る骨折

単純骨折は生体反応(自然治癒能力)で完治する。プレート法は、時として、獣医師の腕をアッピールするだけ。写真は、他院でのバンテージ固定を(左)、力学的に計算して固定し直し(右)、2ヶ月で完治。動画は、治癒を、全方位から確認したもの(医師用の特殊な機器で今後導入予定)。以下のRegenebone®は、力学的固定を更に進歩させたもの。

Regenebone®の特徴

  Regenebone®   プレート法
物理学的理論 弾力的固定   強固な固定
方法 外固定   内固定
手術  
生体反応 利用   ±
再骨折の可能性 <
再骨折時のrecover 比較的容易   難易度が高い
異物反応  
高齢期の骨吸収 <
極小動物   術者の個人差
老齢動物   個体差
多種の動物  

Regenebone®の研究・開発

Regenebone®の理論は数年前から完成しており、特許取得済み。プロトタイプは我々のグループで既に臨床応用中。 量産化にむけて最終工程に入っています。

プレート法による再骨折誘発事例

プレート法による再骨折誘発事例
プレート誘発性骨減少症
プレートの下の骨の白い部分が黒く抜けている
プレート法による再骨折誘発事例
プレート誘発性骨減少症による骨折
2012年の学会発表より(大学の失敗症例)

細い骨にプレートを入れることは難易度が非常に高く、技術的なアピールは最高ですが、技術と治療は違います。

プレート法の問題点

プレート法による再骨折誘発事例
プレートによる血流遮断
  • 骨折部位への血流の遮断
  • 骨折時の様々な生体反応の抑制
  • 強固な固定が、仮骨の形成を抑制
  • 骨とプレートとの弾性率の違いが、体重負荷によりさらに顕在化

Regenebone®の施術例

レントゲン写真(治癒過程)

骨に、プレートがついてないのを見て下さい。

① 一般的な整復経過

① 一般的な整復経過
治癒過程
プレート無しの整復が確認できます。

② 超小型犬

② 超小型犬
チワワ 0.6kgの極小犬
爪楊枝程度の太さの骨も整復可能です

③ 肥満犬

③ 肥満犬
チワワ 7.0kgの肥満犬
両肢の同時骨折です

④ 筋肉量が少ない犬種

④ 筋肉量が少ない犬種
イタグレ 3kg
イタグレの前足首近くの骨折は一番難易度が高いですね

⑤ 猫の上腕の骨折

⑤ 猫の上腕の骨折
整復後の骨の若干の変形は問題になりません。

⑥ 時には、ほぼ無処置でも治る骨折

⑥ 時には、ほぼ無処置でも治る骨折
若い猫の肢の骨折
料金的な事で処置を最小限(3日間の入院固定)にし、その後、自宅で安静。4ヶ月で治りました。

⑦ よくある失敗(固定法を修正するだけで)

⑦ よくある失敗(固定法を修正するだけで)
大病院からの転院
CTがあっても、バンテージ巻けないようではね・・・固定は、肩まで行わないと意味がありません。肘までの中途半端な固定で、異常にねじれているものを(左)、 肩まで巻き上げて、しっかり固定すると、1週間後には、若い子だと骨の増生が綺麗に出てきます。

⑧ 大動物

⑧ 大動物
羊の症例
なんと、羊の症例です。この外固定法は、様々な動物に応用できると思います。

⑨ 色々な症例

⑨ 色々な症例
骨の中央の単純骨折は整復し易い
骨折端が接していれば整復可能
手首に近い骨折は難易度が高く、固定とけん引が必須
友人の症例。メールでやりとりして整復。
転院症例
バンテージを巻いたままで転院してきた。正しく固定しなおすだけで、4週間後には骨の増生を確認。転院の場合は、絶対に開ける(手術)前にお願いします。開けると、組織の増生が失活します。
手首に近い骨折
非常に難易度が高いが、けん引をして骨折面を接しさせれば整復は可能

ヒトでプレート法が有用なのは?

  • 筋肉量が多く、骨も太いので血流が多い
  • プレートによる血流障害が軽度
  • 比較的容易にプレートを外せる
  • 特に前肢(ヒトの腕)の場合は、体重負荷がない(弾性率の違いが顕在化しない)

特許及び学会発表

論文化に関しては、現在進行中。

・特許
Link : https://astamuse.com/ja/published/JP/No/2013220123

・学会発表
Ikemizu-Thomas Splintを用いた弾力的固定法による小型犬のとう尺骨骨折の治療成績
北海道獣医学会会報54, 小-12(2010)
Link: https://togodb.biosciencedbc.jp/togodb/show/yokou_abstract/201004668870108

Schroeder-Thomas SplintおよびIkemizu-Thomas Splintを用いた外固定法による小型犬とう尺骨遠位骨折の治療成績
北海道獣医会54, 小-10(2010)
Link: https://togodb.biosciencedbc.jp/togodb/show/yokou_abstract/201004668870107

当院へ来院される方

  • 当院は、Regenebone®と、RJ+添え木変法(上記⑦)を実施
  • 遠方からいきなりの来院はしないでください
  • 転院の場合は、必ず、事前にご相談下さい
  • 転院される場合は、骨折数日以内に
  • 基本的には、今は、小型動物の前肢単純骨折が対応
  • 開発者の北条動物病院では、多種の骨折に対応可能

Regenebone®の施術可能な病院

現在、Regenebone®は量産化にはないので、プロトタイプ、もしくは、同様な理論のRJ法や、トーマス法での施術可能な病院。

・北海道
吉岡どうぶつ病院
加幸ペット病院
・関東圏
北森ペット病院
・中部
ひいらぎ動物病院
・阪神圏
北条動物病院  (HP無、Regenebone®を研究・開発された病院)
・中国圏
出雲ペットクリニック (HP無)

研究開発にかける思い

私自身は心臓が専門ですが、とある学会で、同様に心臓を専門にしている年配の獣医師と話をしていて、衝撃をうけたことがあります。その方、一度も心臓を見たことが無いんですよね。例えば、私は、と畜場に行って何度も豚の心臓をもらってきたことがありますし、犬猫も献体を頂いたりして勉強してきました。

巷にあふれる自称整形専門獣医師も、骨に実際に触れたことはあるのだろうか?という疑問が、ふとわいています。

まともな獣医療を目指して

東京の病院からの転院症例ですが、このようなレントゲン視ると悲しくなりますね。 わかりますか? 保定者の手がうつっていますね! 人間が意味もなく被ばくしているということですね。院長自ら被ばくならまだアホで済むけど、部下にやらせてるなら、障害ですね。