TEL:0475-26-2099
診療時間 9:00~12:00 16:00〜20:00
休診日 木曜日、日曜日、祝日
お問い合わせ

県外、地区外から来院される方へ

  • HOME
  • 県外、地区外から来院される方へ
県外、地区外から来院される方へ

一般診療の他、心臓・心電図(ボクサー等)検査、低侵襲去勢避妊手術、骨折(前肢、後肢)、皮膚科、ワクチンでの来院が多数を占めます。

心電図検査

心臓検査のページをご覧ください。当院で判断がつかない場合は、東京動物心臓病センター、国立循環器病センターの研究者に紹介します。
https://www.kitamori-ac.com/inspection

低侵襲去勢・避妊手術

当院の去勢・避妊手術の特徴は

・ミニラパロ
・猫避妊は、約1cmの小切開卵巣子宮摘出術
・通常検査に加え、血液凝固能検査を実施
・縫合に糸を使用しない血管縫合システム
・レーザーメスを使用
・3kg以下は、肺に負担が少ない半開放式麻酔回路
・誤差の少ないメインストリームカプノメーター設置
・PV-Loop測定可能な手術モニターで肺の状況を管理

猫の避妊手術
猫の避妊手術
約1cmの切開創です。
約1cmの切開創です。
糸を使用しない血管縫合システム
糸を使用しない血管縫合システム
メインストリーム式カプノメーター(サイドストリームもモニターに設置)
メインストリーム式カプノメーター
(サイドストリームもモニターに設置)

PV-Loop モニター

骨折

プレートを使用しない(手術をしない)弾力固定(池水式、RJ式)を基本にしています。日本発で、世界初となる特殊な器具を要する事もあります。器具は量産されておらずかぎりがあるため、必ず予約して下さい。

①世界初となる池水式の弾力固定術の特許
https://astamuse.com/ja/published/JP/No/2013220123

世界初となる池水式の弾力固定術の特許

②現在、特設HPを準備中ですが、それまでこちらをご覧ください。
http://kitamori.in.coocan.jp/kossetu.html

③私たちの報告
https://togodb.biosciencedbc.jp/togodb/show/yokou_abstract/201004668870107

④プレート法の行きつくところ

プレート法の行きつくところ

本症例は、他院の4 kgのプードル

子犬の時にプレートを入れてますが、成長後、骨が溶けてますね(赤矢印一帯の黒く抜けたところ)。プレート法で、しばしば見られます。プレートは異物です。確かに、細い骨にプレートを入れるのは、職人芸で、腕が良くみえるんですがね・・・・。

皮膚科

認定医で治らない場合は、当院で治療しながら、アジア皮膚科専門医を紹介できます。治療効果がでるまで、2~3ヶ月かかることもあるので、最後まで通院可能か、よく検討してからご相談下さい。ちなみに、減感作療法は行っていません。

アジア皮膚科専門医は、こちら。
https://www.jsvd.jp/certifiedphysicians/specialist_list.html

ワクチン/ワクチン抗体価

2000年から約10年、研究機関と協力し、毎年100例程度無料で抗体価を測定していました。その頃は、関東一円の方が毎週来院されていました。現在は無料ではできなくなり、キット検査(犬4種類)もしくは項目別検査(1項目4000円程度、11項目可能)となります。

ワクチンは、2020年現在、犬は、2種/6種/レプト入り7種を、猫は、3種/白血病入り4種/エイズワクチンを扱っています。